ミーティングアプリを使ったオンラインレッスン始めます!!(クラリネット、ピアノ)

クラリネットを購入する時にやるべきこと

どうも瀬戸です。

部活や吹奏楽団などでクラリネットを吹いているといつかは自分の楽器が欲しくなるものですね。
最初は学校の備品で吹いていたけど、先輩は自分の楽器だし、同級生は最近買ったし、とか、楽器を買うことがある意味入部の条件だったりとか、卒業後しばらくクラリネットから離れていたけどまた始めてみたくなったからとか、理由はそれぞれだと思います。
クラリネットはいろいろな種類がありますが、安い買い物ではないですし、簡単に買い替えれるものでもないですよね。
まあ一度買ったら5年から10年もしくは一生使うつもりで大切にすると思います。クラリネットを買うということは、車を購入するように一大イベントですね。私は数年前に初めて新車を買いましたが、慎重にどのメーカーのどの車にするか、ディーラーはどこにするかを検討して、試乗して、納得して買いました。高い買い物ですから。
でもクラリネットも十分高いです。日本で買える高いクラリネットだと120万くらいしますから軽自動車が買えます。
そんな高い買い物をするわけですから良いものを、後悔しないものを買いたいものです。
毎年生徒さんのクラリネットを選定していますが、クラリネットを購入する時にやるべきこと、気を付けることを私なりにまとめてみました。
クラリネット購入を検討している方の参考になればと思います。

ネットで買うのは避けるべき

まずクラリネットは大部分がグラナディラという木でできています。なので同じ型のものでも鳴り方、吹き心地は全然違います。木は密度などが一定ではないので一つとして全く同じ吹き心地の楽器はないです。ネットで買うとどんな楽器が届くか完全に博打になってしまいますね。

セール品は避けたほうが良い

お店でもネットでもセール品として安くクラリネットが手に入ることがあります。在庫処分、決算セールなどです。この手の物は安易に買わないほうが無難です。なぜならセール品や在庫処分は売れ残った、もしくは売らないといけない楽器の可能性があるからです。楽器店に入荷したクラリネットは買い手が吹き比べて、良いものから売れていきます。つまり誰も買わない、最後まで残るクラリネットが出てくることになります。もちろんお店としては全部売らないといけないですからセール品などになるのです。セール品、在庫処分でも良いものもあります。ただ吹いてみないと分からないのでなくなる前に飛びついたり、吹き心地はまあまあでだけど安いからいいやといった感じでで買うと後悔するかもしれません。

クラリネットは選定しよう

クラリネットは大部分が木でできていて一つとして同じものはありません。だからこのメーカーのこの型を買おうと決めたら楽器店に行ってこれくださいではなく、必ず選定してください。クラリネットの選定とは、複数の中から自分に一番合う楽器を選ぶことです。一度買ったら後戻りはできません。長く使っていく楽器なので買ってよかったと思いながら演奏したいですね。そのためにも買うと決めた型のクラリネットを何本か用意してもらって選定用の個室でじっくり時間をかけて選びたいです。ただ同じ型のクラリネットを何本か吹き比べるのはなかなかハードルが高いです。楽器店は製造元から楽器を入荷して販売しているので、選定用に一度入荷して、余ったものは戻すというのは難しいです。例えばクランポンならクランポンの日本の販売元(東京東陽町)に行けば特約店に下ろす前の楽器を吹くことができますが、クラリネットのプロの人やクランポンの社員とお友達でないと難しいかもしれません。また町の楽器店に行っても複数の中から選ぶことができないこともあります。あっても2本とか。やはり一番はクラリネットのプロの人に頼んでその人の顔のきく楽器店で選定してもらうことです。学校の部活でやっているなら顧問の先生に頼んでプロの人を紹介してもらいましょう。難しいなら選定品を買うのも一つの手です。選定品とはプロの人があらかじめ選んである楽器です。なければ楽器店で聞いてみてください。そのお店になくてもあるチェーン店を紹介してくれるはずです。でもできればプロの人と一緒に納得するまで選んで買いたいですね。クラリネットを購入する時にやるべきことは選定する!です。

クラリネットの選定方法も紹介しています!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です